2007年08月19日

美容師の給料を知ってますか?

スポンサード リンク

カリスマ美容師がかつてブームになりました。
そのブームから美容師になろうとする人も多かったのではないでしょうか。
美容師になると給料はどれくらいもらえるのでしょうか。もちろん勤め人と店を持つとでは違ってくるでしょう。

実際、美容師給料は一律に決められているわけではなく、お店の規模、その人の売上高などによって人それぞれに異なるようです。

営業職と同じように、売り上げが高ければ給料も高く、また、技術によっても給料が違ってきます。要素としては美容師の免許の有無はもちろんのこと、カットができる、パーマができるなどで給料に格差が出てくるわけです。

求人情報などを見ると美容師給料がわかります。 私が見る限りでは給料は12万円台から18万円までが多く、基本給15万円から16万円を提示しているのが最も一般的のようです。

その給料に定期昇給が5千円、皆勤手当1万円などが上乗せというところもあります。

また、美容師給料を時給で表示しているところもあります。
その場合、800円〜1000円が多いようです。

年齢によって金額は変わってくるでしょう。
30代で家族持ちであればいろいろ手当も付くようで、年収が600万円くらいある事例もあります。
美容院の支店長レベルになると、給料が手取りで30万円くらいという話もあります。
しかし若い美容師だと思いますが、年収手どり250万円という例もあります。

ちなみにカリスマ美容師給料はどれくらいでしょう。
カリスマ美容師はまさに実力の世界。
年収にすると数千万円レベルになります。

以上、美容師給料について述べましたが、カリスマ美容師はほんの一握りにすぎず、勤めている美容師給料は決して高いとは言えないと思います。
高給取りの美容師になるには、独立、開業して、美容師を使う側になることではないでしょうか。
ラベル:美容師の給料
posted by 美容師の給料が気になる at 07:32| 美容師の給料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。